家庭教師のアップ お役立ち情報!!

家庭教師>お役立ち情報>中間テスト 期末テスト 返ってきたあとの「成績が上がる」見直し方法って?

中間テスト 期末テスト 返ってきたあとの「成績が上がる」見直し方法って?

テスト後の見直し。
大事だとは分かっていても、なかなか実際に手をつけるのにはパワーが必要です。

テストが終わったあとは、我慢していたゲームもしたいしマンガも読みたいし、羽を伸ばすことばかりが先立って答案用紙は放り出しちゃっていませんか? 点数が思ったより低かったときなどはなおさら、見るのすらも嫌になっちゃいますよね。 実際私もそうでした(笑)

でもやっぱり、テスト後の見直しはとっても大切なんです!!
どうしてかといえば、テスト見直しをすることが次回以降の点数アップの種になるから。

テストは気の進まないものではありますが、実は自分のできていないところを全てチェックできる絶好の機会でもあります。 この機会を逃してしまうのはあまりにももったいない!

今回は、成績に直結するテストの復習について見ていきましょう。

まずは間違いの種類を仲間わけするところから

テストの間違いとひと口に言っても、細かく見ていくと間違いにもいくつかの種類があることが分かります。

まずはテストで間違えた問題を見直して、自分の理解度がどのあたりにあるのか把握することが大切です。

テストが返却されたら、どこが間違って・どこが分からなかったか、教科書や練習問題を見ながら解きなおしてみましょう。
ここで重要なのは、テスト本番で解けなかったからといって、すぐに模範解答だけを参照しないこと。
ゆっくり落ち着いて取り組んでみれば、案外するりと解ける問題も混じっているかもしれません。

ひと通り間違った問題を見直したら、次の3つの種類にカテゴリ分けしましょう。

@ケアレスミス
A落ち着いて解けば出来た問題
B全く分からなかった問題

皆さんのテストはどのカテゴリが多かったでしょうか。

「@ケアレスミス」の対策は?

間違いの中で一番悔しいのはこのケアレスミスかもしれません。

でも「ケアレスミスも実力のうち」。
解き方がわかっている分、ここで点を落としてしまうのは本当にもったいないです。

・計算用紙から答案用紙に写すときにミスをしているなら、計算式自体を大きく丁寧な文字で書くように意識する

・問題文の読み間違えが多いなら、問題文を鉛筆でなぞり、大事なところに丸をつけながら最後まで読む

など、自分のケアレスミスの原因を探しながら対策を立てていきましょう。
そして何より大事なのが、提出まで油断せずに見直しし続けること。

テストを解き終わったあと残り時間が多くある場合は、見直しの回数を増やすだけで全体の点数が底上げされる場合が多いです。

「A落ち着いて解けば出来た問題」の対策は?

落ち着いて解けば出来た問題に関しては、練習問題の量が足りなかったのかもしれません。

・授業のワークを何度も繰り返しやって、パターンを身に着ける

・公式やパターンが分かっていても、形式が変わって解くことが出来なかった時などは、市販のドリルなどを使って類似問題や応用問題に慣れる

・授業中や宿題で解けなかった問題は分かるようにチェックしておき、テスト前にはあやふやな部分がなくなっているようにする


など、さまざまな問題に触れて反復練習をするようにしましょう。

「落ち着いてやれば出来た」ということは、知識は身についているのに本番で発揮できなかったということです。

次のテストまでに固める部分をしっかり定めて、事前対策を立てるようにすれば出来る問題は増えていきます。

「B全く分からなかった問題」の対策は?

全く分からなかった問題は、これまでとは違った勉強へのアプローチが必要になってきます。
・教科書外からの出題に答えられなかったのなら、次回は資料集も含めてまとめ勉強をする
・最後の大問は難易度の高い応用が出るので、難しめのドリルで練習して解き方を覚える
・英語や古文の穴埋め問題は、教科書の本文を暗記して解く
など、今までの勉強に上積みしていく形で次回のテストに備えましょう。

また、分からなかったうちでも、
・問題の意味から分からなかったのか
・解き方の道筋が分からなかったのか
・解くときに思い出すものの紐付けが出来ていなかったのか
など、その原因によっても立てる対策は変わってきます。

初めに解けなかった問題ほど、解けたときに出来ることが大きく増えます。
まずは「なぜ解けなかったか?」から確認できると良いですね。

「間違いカテゴリ」をレポートにまとめよう

さて、ここまでテストを間違いごとに振り返ってきましたが、もちろん振り返るだけでは効果は薄いですよね。

最後に今回のテストの結果を、間違いカテゴリも含めてレポートにまとめてみましょう。
紙に書いておくことでいつでも確認できますし、内容を整理しやすくなります。
テストごとにまとめておけば、自分が何が出来るようになって・何がまだ出来ないのかすぐ分かります。

もちろんテストで何点を目指すかで対策は変わってきます。
でもこういったレポートを作っておけば、必ず自分の傾向にあった勉強法を見つけることが出来るんです。

成績アップする! テスト復習のためには

最後にこのテスト復習を実践するにあたってのコツです。
それは、テストが返ってきてからなるべく早くこのレポートに取り掛かること

もちろん教科ごとに返ってくる時期はまちまちになると思いますので、返ってくるたびに順次取り組んでいくのが良いでしょう。

「全部返却が終わってからやろう」とほうっておくと、ただでさえ億劫な見直し作業がますます面倒になり、結局やらずじまいになってしまう場合が多いです。

部活などでその日にすぐ!が難しいのなら
「返って来た日から2日以内にはする」
「間違いカテゴリ分けだけはその日のうちに済ませる」
など、自分の中でルールを決めて守るようにしましょう。

不正解だった問題に取り組むのは大変ですが、その取り組みは必ず次のテストの結果に繋がります。
効果的な復習の仕方を身につけて、成績アップ目指して頑張りましょう!!

参考
https://xn--u9jwg7dyfm49t3cd8zao40b.jp/ouendan/study/61/
http://izumilife.com/tesutominaoshi/

【大好評】家庭教師の無料体験授業120分実施中!!

無料の体験授業を受けるだけでもメリットたくさん! やり方がわかるだけで「どれだけやる気・自信が出るか?」「本当に成績上がるのか?」 ぜひ一度、無料の体験授業で確かめてください。もちろんアップで家庭教師をやる・やらないは全く別ですのでご安心ください。